掛袱紗(加茂川綴れ)は息をのむような美しさ

掛袱紗(加茂川綴れ)は息をのむような美しさ
 

掛袱紗「加茂川綴」笹に松 
掛袱紗「加茂川綴」笹に松
掛袱紗「加茂川綴」家紋面の地色「松葉」
掛袱紗「加茂川綴」家紋面の地色「松葉」

掛袱紗「加茂川綴」絵柄は定番の笹に松。定番の絵柄ながら安定感のあるレイアウト。家紋面も松の緑に合わせた「松葉」というグリーン系統のお色が非常によく合います。

この加茂川綴は、以前にもご紹介していますが、中金と呼ばれる銀糸を金に染めた糸を使って、機械織で織り上げた掛袱紗。

https://www.fukusa.info/2136-2/

着色でしかも機械織りと聞くと何だか二流品のように聞こえてしまいますが、決して侮るなかれ。

ていねいな木箱に包まれた蓋を開けた瞬間、ため息が漏れるほどの美しさがそこにあります。写真からもその雰囲気が伝わつてきます。

銀糸を金に染めた糸ではありますが正絹の絹糸を使用しており1cmあたりの縦糸の本数が、本金タイプが17本なのに対して15本と気持ち少なくなってはいますが遜色はない。ご注文の時点で織工場に確認をさせて頂きますが、松葉の絹糸の手持ちがあれば、定紋の家紋であれば掛袱紗も定紋の価格で行けるのではと思います。ただし万一糸がない場合は別誂えとなる可能性もありますこと何卒ご了承ください。

価格は掛袱紗・加茂川綴9号定紋42,350円・別誂52,800円(価格は変更になる場合があります)

こちらのサイトで購入ができます 「掛袱紗(加茂川綴)」結納ドットコム
袱紗全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ね下さい
袱紗を取り扱うプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。結納ドットコム
フリーダイヤル0120-22-7637
9:00~18:00(木曜除く)

袱紗の種類(慶事)カテゴリの最新記事