清楚で控えめな美しさの「玄武綴」

清楚で控えめな美しさの「玄武綴」

「玄武綴」掛袱紗(おしどり)清楚で控えめな美しさの「玄武綴」(げんぶつづれ)の掛袱紗。金糸と中金(銀糸を金に染めたもの)をミックスしたものですが。扇形の部分にのみ金糸を使い、それがうまく絵柄と色のコントラストになっています。ほれぼれする程の美しさです。アクセント的にポイントで金糸を使っているためとってもおしゃれで、貴富音綴(きふねつづれ)よりも価格が低く押さえられているのが嬉しい。

貴富音綴(きふねつづれ)を見てみる

絵柄入りの綴れの掛袱紗は、通常はもう片側は家紋面、家紋面の地色は紺が一般的ですが、別誂えの場合「古代紫」などでも作ることが可能。紺はやや男性っぽい雰囲気なのに対して、古代紫は女性らしい柔らかな雰囲気です。

「玄武綴」掛袱紗(おしどり)家紋面

「玄武綴」掛袱紗(おしどり)桐箱入り

袱紗全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ね下さい
袱紗を取り扱うプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。結納ドットコム

袱紗の種類(慶事)カテゴリの最新記事