CATEGORY 広蓋と使う(慶事)

慶事での袱紗。広蓋と使うより丁寧で効果的な方法について

「広蓋」は関西では、御祝を持参する際の必需品

関西では正式に結婚祝いを持参する時、簡略な木製盆の上にお祝の金封・熨斗・末広を添えた形で持参をします。(関西独特の形で他の地域にはないものです)このお祝いセットの台の横幅は30cm程あるものもあり、これを乗せて持参するためにはどうしても横幅のある「広蓋」が必要なのです。上の写真は実際に広蓋にお祝いセットを乗せたところ。余談ですが、関西では女性に差し上げる場合は「紅白」、男性に差し上げる場合は「青白 […]

正式結納の必需品「広蓋セット」

広蓋セットとは広蓋・掛袱紗・風呂敷の3点のセットのこと。特に正式な結納の際の必需品です。目録をヘギと呼ばれる木製の台に乗せた状態のものを広蓋に乗せ相手様に差し出します。 この時、四隅に房の付いた掛袱紗を掛けて差し出します。風呂敷は外包みですので差し出す前にほどいておきます。風呂敷は持参する道中の埃除けとして包んで持参します。 写真は比較的リーズナブルな価格の組み合わせのもの(広蓋は越前塗13号(3 […]