CATEGORY 広蓋と使う(慶事)

慶事での袱紗。広蓋と使うより丁寧で効果的な方法について

広蓋3点セットは定紋(既成品)はありますか?

定紋表にあるものは既製品でご用意している家紋もあります。例えば上の広蓋セットの家紋は「丸に四ツ目菱」 高岡塗13号(39×27×5.5cm)の広蓋・掛袱紗は塩瀬8号並生地・風呂敷は白山紬2.4巾(90cm)のセットですが、いずれも定紋にありますので、基本的にメーカー在庫もあり比較的早く間に合わせることができますが、例えば一時的に在庫が切れてしまっている場合もあります。面白いもので同じ家紋の注文が集 […]

広蓋・越前塗り本堅地は、1年間の無償保証付き

こちらは「隅切り角に三」という家紋。別名「折敷(おしき)に三」家紋名は違うが実は全く同じ家紋。   そもそも折敷とはお供え物を捧げるための木の葉を折り敷いた柏のような大きなもの、昔はこれを折敷と呼んでいた。後には木の皮(片木)をはいだ三方に変わったが相変わらずそれを折敷と呼んだ。三方を真上から見ると八角形に見える。それゆえ、これを「隅切り角」という。   いくつかある家紋帳の中でも「標準紋帳」「平 […]

広蓋13号でも関西式御祝いセットは乗りますか?

広蓋は関西では昔から一般的なお道具。特にお祝いを持参する際には広蓋を使うことが必然となってきます。その理由は関西式の御祝いの形にあります。 写真のように”ヘギ台”と呼ばれる23~24cm角の木製のお盆の上に、真ん中に「金封」右に「熨斗」左に「末広」を乗せた形が一般的な関西式のお祝いの形。 この関西式お祝いセットを乗せるためには切手盆では小さすぎる。そこで広蓋の出番なわけです […]

家紋の別型代が必要な場合

写真の家紋は「丸に尻合せ四つ州濱に花角」隠れミッキーのような形の”州浜”それが4つ尻合わせになっており、その真ん中に”花角”という家紋。州浜も花角もそれ自体は、とてつもなく珍しいという訳ではないが「丸に尻合せ四つ州濱に花角」となると、紋帳(紋の業界標準の辞典)に載っていない・・主要な紋帳である「紋典」「標準紋帳」「平安紋鑑」そのいずれにも載っていない […]

広蓋15号の3点セット

広蓋は、15号(45×31×5.5cm)と13号(39×27×5.5cm)の2種類。写真の広蓋セットは15号の大きいタイプ。小さいタイプの広蓋13号と比べると掛袱紗や風呂敷も以下のような違いがあります。 ■広蓋15号=掛袱紗は10号、風呂敷は3巾(105cm) ■広蓋13号=掛袱紗は8号、風呂敷は2.4巾(90cm) 用途に応じて大きさはお選びいただくとよいかと思いますが、関西式のお祝いを乗せるた […]

「広蓋」は関西では、御祝を持参する際の必需品

いきなり余談ですが「広蓋の販売もしていますか?」とよく聞かれます。もちろん私どもで販売もしていますよ。購入したいけれどどこに売っているのかわからないという方結構いらっしゃるようなのでまずはご案内です。 それはさておき本題ですが、関西では正式に結婚祝いを持参する時、簡略な木製盆(ヘギ台)の上にお祝の金封・熨斗・末広を添えた形で持参をします。(関西独特の形で他の地域にはないものです)※関西=中部・北陸 […]

正式結納の必需品「広蓋セット」

広蓋セットとは広蓋・掛袱紗・風呂敷の3点のセットのこと。特に正式な結納の際の必需品です。目録をヘギと呼ばれる木製の台に乗せた状態のものを広蓋に乗せ相手様に差し出します。 この時、四隅に房の付いた掛袱紗を掛けて差し出します。風呂敷は外包みですので差し出す前にほどいておきます。風呂敷は持参する道中の埃除けとして包んで持参します。 写真は比較的リーズナブルな価格の組み合わせのもの(広蓋は越前塗13号(3 […]