縮緬(ちりめん)素材の「掛袱紗」刺繍寿

縮緬(ちりめん)素材の「掛袱紗」刺繍寿

掛袱紗は、白生地を染め抜いた「染」のタイプのものと、縦横の糸を織つて作られた「織」のものとに大別されますが、染の一種として中には若干珍しい縮緬素材のものもあります。

こちらは既成のものになりますが染色は「紺・藤・ローズ」の3色。特に藤色は上品な色合いで、個人用途としてのお求めはもちろん、これ自体をギフトとしてご利用になられる方も多い。色的にはお祝い専用となるため、真ん中に寿の文字を金の刺繍を使ってお入れしています。(紺も金文字で寿と入っているためお祝い専用となります)

また四隅の房は亀房を使用、亀房の重みに負けないよう縮緬生地も重目という厚手のものを使用していて、柔らかいのにどっしりとした手触りはさすが縮緬ならでは。サイズは6号サイズ(20×22cm)ですので切手盆と合せる場合は8号(17×24cm)と9号(19×27cm)に最適な大きさとなっております。ちなみにお揃いの風呂敷(60cm巾)もあります。

袱紗全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ね下さい
袱紗を取り扱うプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。結納ドットコム

袱紗の種類(慶事)カテゴリの最新記事