CATEGORY 袱紗の種類(慶事)

慶事で使うのに最適な袱紗の種類について

「台付袱紗」染抜きでの家紋入れ

台付袱紗への家紋入れです。染抜きで入れてほしいとのことでお作りさせて頂きました。外側の生地は正絹縮緬生地のですので、通常の風呂敷・手ふくさと同様に染抜きで家紋を入れることはたやすいのですが、 それから先の作業が若干手間がかかります。染めあがった縮緬生地に裏地を付け、袷にするのですが、通常袷にして使う生地は白山紬などのしっかりとして伸び縮みしない生地を組み合わせています。しかし縮緬生地は伸び縮みする […]

綴の掛袱紗、裏の柄は無しでも良いものですか?

綴の掛袱紗は表面が家紋、裏面が吉祥柄というのが一般的ですが、裏の柄面は必要がないというご希望の方もあります。表面と裏面とは袷の構造になっているため、もちろん裏の柄面は無しでもお作り出来ます。柄面がない分当然ながら価格もお安くなります。 定紋と呼ばれる既成のものでも家紋面のみでお作り出来ますが、「紺色」に限定されます。他のお色、例えば下のような「松葉」などをご希望の場合は、定紋で家紋面だけの場合でも […]

縮緬(ちりめん)素材の「掛袱紗」刺繍寿

掛袱紗は、白生地を染め抜いた「染」のタイプのものと、縦横の糸を織つて作られた「織」のものとに大別されますが、染の一種として中には若干珍しい縮緬素材のものもあります。 こちらは既成のものになりますが染色は「紺・藤・ローズ」の3色。特に藤色は上品な色合いで、個人用途としてのお求めはもちろん、これ自体をギフトとしてご利用になられる方も多い。色的にはお祝い専用となるため、真ん中に寿の文字を金の刺繍を使って […]

清楚で控えめな美しさの「玄武綴」

清楚で控えめな美しさの「玄武綴」(げんぶつづれ)の掛袱紗。金糸と中金(銀糸を金に染めたもの)をミックスしたものですが。扇形の部分にのみ金糸を使い、それがうまく絵柄と色のコントラストになっています。ほれぼれする程の美しさです。アクセント的にポイントで金糸を使っているためとってもおしゃれで、貴富音綴(きふねつづれ)よりも価格が低く押さえられているのが嬉しい。 貴富音綴(きふねつづれ)を見てみる 絵柄入 […]

純金の「掛袱紗」

 貴富音綴(きふねつづれ) 純金の「掛袱紗」とは何ともゴージャスですが、正確には純金糸を使った掛袱紗と言った方が正しい。もちろん絵柄面の金色の部分のことであって、松の緑や木の茶色部分は純金とは違う。 この貴富音綴(きふねつづれ)は純金99.99%の糸を使用して織られた綴れの掛袱紗。純金である証紙のタグが付いていることが、それを証明しています。”本金”と呼ばれることも多い。 […]

簡単に御祝い金を包める袱紗はどれ?

お祝い金、特に結婚祝いを持参する場合、丁寧にとなると事前にご自宅へ伺いお渡しをしますが式場の受付でお渡しするケースが非常に多いのではないかと思います。 受付でお祝いを渡す時、きちんと丁寧にはお渡ししたいが、あまり扱いにくいのは困る。簡単にお手軽に渡したいという場合は、仏事・弔辞などと同じく「金封袱紗(ふくさ)」をお使いいただくのが良いと思います。 いわゆる財布式の袱紗で、ポケット状になった部分に御 […]