ご祝儀袋が大きくてふくさに入らないとき

ご祝儀袋が大きくてふくさに入らないとき

金封が袱紗に入らない時_1お祝いのご祝儀を包む場合、金封は少し華やかで大きめのものを使う場合が多いと思います。財布式の金封ふくさなどの場合、金封袱紗自体があまり大きなものではありませんので、中に入れる金封の大きさには限界があります。

写真のような金封はどう考えても金封袱紗には入りません。金封を実際に入れてみたところ19cm×12cmの少し大きめのものはダメでした。18.5×10.5cm程度の袋ならピッタリ納まります。

袱紗に入らない時は「手ふくさ」財布式の金封ふくさに入れるのが無理な場合、何を使うかと言えば、答えは「風呂敷」。

ただ一口に風呂敷といってもサイズもいろいろありますので、後は金封の大きさに合わせた、最適な大きさの風呂敷を選びましょう。

金封だけ包むのであれば写真の45㎝のものか、いっそゆったり大きな68cmのもののどちらかがよいでしょう。ピッタリなら45cm巾だと思います。

45㎝巾の手ふくさ(風呂敷)について詳しく

袱紗全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ね下さい
袱紗を取り扱うプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。結納ドットコム

袱紗のサイズ(慶事)カテゴリの最新記事