家紋「富士山に一の字」の切手盆

家紋「富士山に一の字」の切手盆

こちらの切手盆の家紋は「富士山に一の字」という家紋。お客様曰く「紋帳には載っていないと思います」とのこと。念のため紋典・平安紋鑑・標準紋帳・・・その他家紋の辞典など一通り調べてみましたが、お客様のおっしゃる通り全くどこにも載っていない・・お客様からは綺麗に描かれた図案データをpdfにて頂きましたのでそれで型を作成し製作を進めました。ほぼお預かりした図案通りに出来上がりほっと一安心です。

ところで今回のようになどこにも掲載されていないような家紋の場合、「紋帳には載っていないのですが製作はできますか?」とよくお問い合わせをいただきます。もとになる図案さえあればそれからイラストレーターなどで図案を起こしていきますので問題なく製作可能です。

但しあまり細かすぎる家紋の場合、切手盆の3.6cm程の家紋の大きさの中では線の表現には限界がある場合があります。その場合は要相談とさせてください。職人さんと打ち合わせの上製作可能かどうかご返事をさせて頂きます。

ちなみに今回の家紋は分類上「山」という区分けになりますが、一般に山の家紋の場合、比較的リアルに描写したものと、幾何学的なもの、筆文字的なものに分けられると思いますが、今回の家紋は分類するならば筆文字的な家紋でしょうか。しかしいろいろな家紋があるものだなと改めて感じた次第です。

「切手盆」(越前塗り)
「切手盆」(輪島塗り)

袱紗全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ね下さい
袱紗を取り扱うプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。結納ドットコム

家紋カテゴリの最新記事