家紋の中にもう一つ家紋があります

家紋の中にもう一つ家紋があります

家紋の中にもう一つ家紋がある写真の家紋は下り藤の中に井桁の家紋が入ったもの、こういったダブル家紋は単にバリエーションの一つというケースもありますが、例えばこの掛袱紗の家紋の場合でしたら、外側が藤ですのでまず藤原氏の流れを汲む方であることがわかり、さらに中の家紋でより詳しい出自が、家紋を見ただけで一目でわかるわけです。

ちなみに菱形のものを井桁と呼び、正方形になったものを井筒と呼んでいます。今井、花井など井の字のつく名字をもつ家で多く使用されているようです。紋帳を眺めているだけでも、こういったダブルで家紋が入ったものは意外とたくさんあるものです。ルーツを調べていると興味深い歴史に巡り合えることもあり、実に楽しいものです。

袱紗全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ね下さい
袱紗を取り扱うプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。結納ドットコム

家紋カテゴリの最新記事