家紋【蟹牡丹】の風呂敷

家紋【蟹牡丹】の風呂敷

「蟹牡丹」という珍しい家紋で風呂敷を染めさせていただきました。色は当店だけの特別色「赤紫」です。

殺風景な冬の庭に、可憐で明るい花を咲かせる牡丹。キンポウガ科の落葉低木で、元は中国が原産。原産地の中国では百花の王、富貴花とされています。

聖武天皇のころ、日本に輸入され近衛家が正紋として使い始めた家紋で、徳川時代には菊、桐、葵の紋についで権威があったと言われています。それゆえ使用は限られていたようで、寺院では興福寺、東本願寺、平等院など権威あるお寺などが使用していたようです。

牡丹の家紋の中でもまるで牡丹が蟹のような形を描いている、ユニークな「蟹牡丹」は、伊達家の二十代藩主にあたる「伊達綱村」が近衛家から下賜されたもので、その後二十一代目となった吉村公がユニークな形にデザインをしたと言われています。 なんともかわいい家紋です.(^^♪

 

ご紹介している風呂敷はこちらからお作り致します 「正絹白山紬・風呂敷」結納ドットコム
袱紗全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ね下さい
袱紗を取り扱うプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。結納ドットコム

家紋カテゴリの最新記事