輪島塗の切手盆は盛上紋

輪島塗の切手盆は盛上紋

輪島切手盆_1輪島塗の切手盆、サイズは一番使いやすい8号サイズ。ワンランク下の越前塗と比べてみても、黒の漆塗りの部分は正直なところ違いを見分けるのは難しいが、輪島塗の切手盆は何といっても「盛上紋」と呼ばれる家紋の書き方が特徴。金の漆を何層にも重ねて紋を描き出し、写真で見ても盛り上がりが分かる程です。その工程を書き出してみました。

  1. 紋の図案を書く
  2. 漆を置く※乾きの遅い漆を塗り時間をかけ乾かし平らに磨い又塗る
  3. 塗り・乾燥・磨きを5回位繰り返し紋の部分を盛り上げ金を蒔き乾かす
  4. 拭き漆を紋の上に拭き金を固める
  5. 特殊な炭で金粉を磨く
  6. 紋の線を入れる
  7. 最初の漆と異なる拭き漆を掛けて乾かす

越前塗の切手盆の家紋入れと比べて、非常に手間をかけた工程を経ています。

輪島切手盆また裏側には輪島塗伝統工芸の証の朱印が入っています。

輪島切手盆輪島の工房独特の手書きの文字入りの袋。切手盆が包まれている和紙自体に製造元の品質保証の印が入っており。いわゆる落款になっている。

輪島切手盆と袷ふくさ45cm正絹の袷ふくさとの2点で組み合わせてもいいかも。

袱紗全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ね下さい
袱紗を取り扱うプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。結納ドットコム

切手盆と使う(慶事)カテゴリの最新記事