2巾(68cm)の風呂敷は、切手盆には大きいのでは?

2巾(68cm)の風呂敷は、切手盆には大きいのでは?

2巾(68cm)の風呂敷と切手盆正絹白山紬2巾(68cm)サイズの風呂敷と号サイズの、越前塗切手盆8号サイズの組み合わせ。2巾(68cm)の風呂敷は、切手盆に大きい大きいのでは?とはよく頂く質問。

切手盆には57cm程度の風呂敷がピッタリですが、若干大き目の68cmサイズのものを組み合わせたいというご希望が結構あります。決して大きすぎるということはなく、大きいものから小さいものまで包める風呂敷のほうが後々のことを考えるといいかもしれませんね。

白山紬風呂敷2巾68cm家紋入りちなみにこの家紋は「本多立ち葵」という「家紋」。葵のご紋だけあって徳川?ではなく紋の名前からもわかるように「本多家」の家紋。徳川ではないのになぜ葵をと思われるでしょうが、葵はもともとは本多氏が先に使用していたところ、徳川が後から使用し、後から使用したのにもかかわらず、葵の紋の使用を制限した。しかしそれに屈せず使用つづけた、と言われています。正しいことは相手が誰であろうと信念を貫き通す。見習いたいものです。

2巾(68cm)の風呂敷と切手盆

袱紗全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ね下さい
袱紗を取り扱うプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。結納ドットコム

袱紗のサイズ(慶事)カテゴリの最新記事