ふくさと風呂敷の違いとは?

ふくさと風呂敷の違いとは?

写真は「手ふくさ」別誂52cmと「風呂敷」68cm。それぞれの大きさの比較。

ふくさは「手ふくさ」「袷ふくさ」「金封ふくさ」「台付ふくさ」「掛袱紗」など、いろいろな種類がありますが「金封ふくさ」と「掛袱紗」を除いてその他は、すべて何かを包むための風呂敷形状の布のことを言います。ということは、ふくさ=風呂敷と言ってもよいと言えばよいのですが、厳密なことを言えば以下の2つで区分けされています。

  1. 大きさ

  2. 包む用途が”品物”か”金封”か

まず大きさによる区分けですが、その前に「風呂敷」という言葉の由来からお話しすべきかもしれません。「水は方円の器に従い、風呂敷は方円の器を包む」方形の布で物を包み運搬する。古くは奈良時代にまでさかのぽります。正倉院御物の中にも舞楽の衣襲包みとして用いられたものが残っています。平安時代になると「平裏」(ひらつつみ)と呼ぱれるようになり、一般庶民が衣類を平裏に包んで頭上運搬している絵姿も残っています。

江戸時代になると、入浴の際着物を包み、入浴後広げて敷いてその上で着衣したことから『風呂敷』と呼ばれるようになりました。元禄頃に「包み]と「風呂敷」の融合がなされ、平裏も包む道具としての風呂敷と呼ばれるようになったようです。

お風呂用の着物包み・・なるほどです。

包む用途が”品物”の場合を風呂敷と呼ぶのに対して”金封”を包むのが主な目的の場合を風呂敷とは分けた別の呼び名として「ふくさ」と呼ぶのです。

確かに大きさ的にも「手ふくさ」は45cm「袷ふくさ」は57cm、台付ふくさは45㎝程の大きさですので、品物を包むのは難しい。包むとしても小さなお菓子包み位ならいけるでしょうか。やはりふくさは金封を包むのが主な目的。逆に風呂敷は、品物を包むのが主な目的となるため、大きさは68cm以上の物になります。

おおよそですが57㎝の大きさの袷ふくさまでをふくさと呼び、それ以上の大きさの物を風呂敷と呼ぶことが多いようです。もちろん45㎝の手袱紗を45㎝の小ぶりな風呂敷と呼んでも差し支えないですが、せっかくなら、正しい分類上の名前で呼んでみましょう。

袱紗全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ね下さい
袱紗を取り扱うプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。結納ドットコム

知識カテゴリの最新記事