綴の掛袱紗、表裏の使い分け

綴の掛袱紗、表裏の使い分け

綴の掛袱紗の場合、表面は「家紋」裏面は「柄」という事が多いのですが、この表面と裏面はどう使うのが正式なのでしょうか。これについて見ていきたいと思います。

広蓋を使いしかも掛袱紗を掛けてまで差し出すということは、最大限丁寧に持参したという事を相手にアピールする姿勢な訳です。それは個人としてというよりも家として、家を代表してという事の方が多いかと思います。

家を代表するシンボルマークといえば家紋。それを見せて差し出すことには、”○○家が最高に丁寧な形ではせ参じました”ということを家紋を見ただけで伝える。日本人独特の阿吽の呼吸の世界観がそこにはあります。まず差し出す場合には家紋面を上にして差し出すのが正式だと覚えておいてください。

それでは受け取った側はどう対応すればよいのかですが、家紋面が上になった状態の掛袱紗から、まず掛袱紗を横に置き、中のものを頂戴し、次に掛袱紗を裏返して柄面上にし広蓋ごとお返しします。吉祥柄を上にして差し出すことで、御歓びの気持ちを絵柄に込めてお返しするという事になります。これが正しい綴れの掛袱紗の使い方になるわけです。ぜひ覚えておきましょう。

染の掛袱紗など裏に柄のないものは、裏返す必要はありません。
袱紗全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ね下さい
袱紗を取り扱うプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。結納ドットコム

使い方カテゴリの最新記事