法事の引出物として(金封袱紗)

法事の引出物として(金封袱紗)

以前内祝いで財布式金封ふくさ、ひとつひとつに刺繍で名前を入れたものをご紹介しましたが、御祝以外の仏事ごと、特に法事の引き出物などでもこのサイフ式金封ふくさはよくご利用頂いています。藤色などの淡い系統の色合いがおすすめです。

のしは一応仏事ですので上は「志」と下には差し出される側のご苗字を書いておくのが一般的。さらに包装紙で包む、いわゆる”内のし”にされるか、場合によっては包装紙を掛けた外側にのしをかける”外のし”のどちらかですが、

どちらが正式かは、いろいろな解釈の仕方があります。本来は”内のし”が正式とはされてきましたが外熨斗でも失礼に当たるという事はありません。

また、関西では熨斗紙は「黄白」のものを使うのが一般的ですのでお気を付けください。

こちらののサイトで購入ができます 「財布式/金封ふくさ」結納ドットコム
袱紗全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ね下さい
袱紗を取り扱うプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。結納ドットコム

仏事で使うカテゴリの最新記事