家紋「梶の葉」掛袱紗&風呂敷

家紋「梶の葉」掛袱紗&風呂敷

お手元の広蓋13号(横巾39cm)に合わせたいと、正絹白山紬2.4巾(90cm)の風呂敷と正絹塩瀬8号の掛袱紗のご注文です。色は鉄紺、家紋は「丸に梶の葉」。珍しすぎる家紋という訳でもないのですが、既成にはないため別誂えです。

梶の葉の家紋は大きく分けて2つに分類されます。丸みを帯びた葉のタイプと、葉がまるでヒイラギのようにギザギザになったタイプ。ギザギザのほうは”鬼梶”と呼ばれており、若干荒々しいイメージです。

梶の葉の家紋はバリエーションとしてはさほど多くはないのですが「梶葉鶴」「梶葉蝶」といった葉を鶴や蝶の羽根に見立てたユニークなものがあり、見ていて思わず微笑んでしまいます。あらためて昔の人の柔軟な発想に感服です。忙しい現代人も見習わなければと思いますね。

袱紗全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ね下さい
袱紗を取り扱うプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。結納ドットコム

家紋カテゴリの最新記事