お祝いで使う金封ふくさ、おすすめのの色

お祝いで使う金封ふくさ、おすすめのの色

お祝いで使う金封ふくさ、おすすめのの色お祝いで金封袱紗を使う場合、余り色鮮やか過ぎても使いずらい。淡いピンクや藤色の明るい色合いのものがおすすめ。綴織などのものなら柄入りのものなどもあり、結構おしゃれ。ただし綴織のものは着物の帯と同じで手触りが固く、この手触りの固さは好みが分かれるところかもしれません。

お祝いで使う金封ふくさ、おすすめのの色お祝いで金封袱紗を使う場合、超定番と言えば「紫」冠婚葬祭に使える色であることは、ことあるごとに投稿の中で書いているだけに耳にタコができる(笑)という方も多いかもしれません.

しかし色的に男女の区別なく年齢を問わず使えるため一つは持っていたい。またお嫁入りにお嬢様に持たせてあげるのもいい。嫁ぎ先で旦那様と兼用で使える点も見逃せないポイント。

お祝いで使う金封ふくさ、おすすめのの色縮緬素材の場合、生地の特性からは柄入りのものはなく無地になりますが藤色やピンクの他に右端の「利休」という色も小じゃれている。「利休」は場合によっては慶事だけではなく仏事にも使えそうなお色。TPOを考えどのお色をチョイスするかは決めてください。

こちらののサイトで購入ができます 「金封ふくさ」結納ドットコム
袱紗全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ね下さい
袱紗を取り扱うプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。結納ドットコム

袱紗の色(慶事)カテゴリの最新記事