CATEGORY 冠婚葬祭で使う

切手盆の家紋入れ「シンプルな家紋は納期が早いですか?」

例えば、写真の「八曜に左三つ巴」のように丸を組み合わせた「八曜」などの家紋はシンプルな図案の為、比較的簡単そうで納期も早そう・・と思われがちですが、 実はこういったシンプルな家紋程、揃った綺麗な円を描くのが逆に難しかったりしますので、シンプルな図案=納期が早い とは言い切れないのです。 ならば複雑な家紋なら納期が早いのかと言えば、これまた細かな線の表現が難しかったりして、なんとも難しいところです。 […]

ふくさの色は何色が良いでしょうか?

良くお客様から「ふくさの色は何色が良いでしょうか?」という質問を頂きます。毎回頂く・・と言っても過言ではない程です。この色に関しての質問は袱紗に限らず染物全般に頂きます。 染め色は紫系をはじめ、赤系、緑系、青系・・と無数にあり、何色にも染めることができるのが魅力ではありますが、「逆に何色でも」というのが迷ってしまう原因かもしれません。あれこれ考えているうちに何色が良いか分からなくなってしまう・・・ […]

慶事と仏事で風呂敷の色を分けるべきか

慶事と仏事で風呂敷の色を分けるべきかですが、慶事にしか向かない色や逆の仏事にしか向かない色がありますので当然そうするべきですが 唯一例外として、「紫」は一般に冠婚葬祭全般に、つまり慶事と仏事両方で使える色とされています。一つでいろいろ使い回しが効いて便利ではあるのですが、理想を言えば、写真のように例えば包み風呂敷であれば慶事用に「古代紫」、仏事・弔事用に「濃鼠」と使い分けて頂くのが良いと思います。 […]