既成紋入り風呂敷に後からネームを入れる方法

既成紋入り風呂敷に後からネームを入れる方法

表面

裏面

既成ですでに家紋の入った状態の風呂敷などにネームを入れる場合、染抜きで入れることは難しい。抜染(ばっせん)と言う色抜いてしまう方法もあるにはありますが薬品で強制的に色を抜いてしまうのは元々の生地のためにも良いことは何もないし、経年劣化で色を抜いた部分が色あせを起こす可能性もある・・

この場合生地専用の樹脂で書くという方法がベターかもしれません。これだと生地へのダメージも少なく。遠目には染め抜きで入れたような感じで見栄えも悪くない。ただ表面片面だけだと、裏返せばうらは無地のため安っぽさは否めない。そんな場合は両面樹脂で表だけではなく裏も同じように樹脂ネーム加工をしてしまうのです。片面樹脂に比べると若干高くはなってしまいますが、仕上がりはまるで染抜きで入れたような感じで、おすすめです。

袱紗全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ね下さい
袱紗を取り扱うプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。結納ドットコム

ネームカテゴリの最新記事